給湯器の水漏れが起こる前にやっておきたいメンテナンス

水道 修理が必要になる前に、定期的なメンテナンスで水のトラブルを未然に防ぐこともできます。給湯器も同じで、メンテナンスを施すことで水漏れなどのトラブルを回避できます。このとき、メンテナンスのポイントとなる項目をあらかじめ確認しておくと役立ちます。

■外からみて判断できるポイント

給湯器は無資格者が勝手に修理をしてはいけないと法律で決まっているので、あくまでも外からみたときの異変をチェックしておきましょう。確認する事項として、例えば排気口にススがついているかどうか見てみましょう。そのほかにも、外装部分に穴があいていたり、焼き付けたような跡が残っている場合もメンテナンスが必要である証になります。本体以外にも配管から水漏れが起きているときも必ずメンテナンスが必要で、修理業者に依頼をして早急に確認してもらいましょう。


■メンテナンスの際に注意しておきたいこと

給湯器に水漏れなどのトラブルが起きてメンテナンスをする場合、時期的に頻繁に給湯器を使う寒い季節になると壊れやすいことが分かっています。これはどの家庭でも同じことが言えるため、同時期に給湯器の不具合を訴える方が急増します。
状況が悪くなりすぎると手の施しようがなくなるため、トラブルや小さい変化を見逃さないようにして、もしも変化が見られるようならなるべく早く修理業者へメンテナンスや修理を依頼してください。タイミング的に利用者が増えてしまうと修理や交換が後回しになるため、しばらく不自由な生活が続いてしまいます。


■まとめ
給湯器に関する水道 修理は急を要する場面が多いです。今すぐ直してもらわなければバスルームもキッチンもお湯が使えません。もしもメーカー保証期間内に故障が出た場合は必ず修理業者以外にメーカーにも問い合わせを済ませておいて修理を保障してもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ