給湯器に水漏れが起これば本体の交換は必須か

給湯器は永久的に使い続けるものではありません。長年使っていると老朽などが原因で給湯器 交換が必要になります。そのタイミングは10年とも15年とも言われていますが、定期的にお手入れをしながら大事に使っていても寿命がくれば本体交換が必要です。

■本体交換の目安はどのぐらいか

給湯器に水漏れトラブルが見えるようなら本体交換や修理の必要があるでしょう。ときどきメンテナンスをすることで寿命を延ばせることはできても、いずれ交換が必要な時期がくることを覚えておくことも大事です。ある程度交換時期の目安を知っておけば、トラブルが起きたときに修理がいいのか、それとも本体の交換に迫られているのかなど目星をつけることができます。
本体の状態にもよりますが、交換のタイミングは10年から15年が目安になります。現在はトラブルが起きていなくても内部の部品はだいぶ古くなっているので、いつトラブルが起きてもおかしくない時期でもあります。

■どんな症状が交換の目安になるのか

給湯器から水漏れが起きている場合は部品の交換で直る可能性もありますが、お湯の温度にばらつきがあったり、温度がぬるいままでまったく熱くならないなどの症状が出れば、不具合の前兆もしくは不具合が起きている証拠です。そのほかにも本体から聞いたことがない音がなっていたり、追い炊き機能が使えないこともトラブルが起きている証拠です。
もしも本体から黒い煙がでているときは早急に修理業者へ連絡をいれましょう。不完全燃焼のトラブルが起きている可能性が大きいです。

■まとめ
給湯器 交換は寿命がくれば仕方のないことではありますが、定期的にメンテナンスをすることで少しでも長く使い続けることができます。吸気口や排気口に埃がたまっていないか、排気口の周囲に邪魔なものを置いていないかなど、日ごろから注意してチェックしましょう。掃除が必要な場合は専門業者にメンテナンスを依頼してください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ