給湯器から水漏れが起こるのは何が原因?

スイッチひとつであたたかいお湯が出てくる給湯器は、生活に欠かせない優れた機器として広く一般的に使われています。毎日使うものだからこそ、もしもトラブルが起きて水道 修理が必要になったら大変なのです。給湯器が故障する原因はどこにあるのでしょうか。

■故障する原因はさまざま

給湯器から水漏れが起こるなどのトラブルが起こるのは何が原因になっているのか、ひとつずつ確認していきましょう。例えば、給湯器本体には寿命があります。見た目は頑丈そうなイメージがありますが、使い続けていると老朽化することによって本体の寿命を迎えてしまいます。使い方にもよりますが、一般的に本体の寿命は10年前後と言われています。途中で修理をして一時的に直ったとしても、寿命によってまた水漏れなどのトラブルが起こる可能性があり、近いうちに再度修理が必要になるかもしれません。

■本体に負担がかかるとトラブルが起こりやすい

大事に使っているつもりでも本体に負担がかかることで水漏れなどのトラブルも起こります。屋外に設置してあるタイプだと雨風などの影響によって本体に負担がかかり、不具合が起こることもあります。また、寒い季節になると凍結したことによって本体内部に負担がかかり不具合が生じてしまいます。
一般家庭用の給湯器を業務用として使うことも、過度に負荷をかけてしまうために寿命を迎える前に壊れてしまいます。本体を正しく使うことで寿命を延ばせるので負担をかけないように大事に使いましょう。

■まとめ
水道 修理は水回りでよく起こる水のトラブルに必ず必要になるもので、専門知識がある専門の修理業者によって直してもらえます。特に給湯器は水だけでなくガスも扱う特殊な機器なので、資格を持たない一般人が安易に修理をしてはいけません。有資格者による修理でなければならないのです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ